ママ友のメリット&デメリット

2020年11月16日

ママ友のメリットデメリット

一般的な「ママ友のメリット・デメリット」をまとめてみました。

メリット デメリット

・育児情報など収集できる
・育児の実践的アドバイスがもらえる
・お母さんの息抜きになる
・子どもの遊び友達ができる
・おさがりや子守など、助け合える
・集団行動の練習になる

・出費が増える
・付き合いに時間がとられる
・トラブルが起きるかも?
・LINEがなりやまないかも?
・SNSでの付き合いも増えるかも?

気の合うお母さんとママ友になれれば、メリットが多いことでしょう。
育児の相談ができたり、一緒にでかけたり、日々が充実するかと思います。

ただ、どんなに気をつけていても、やはり女の集団。
ちょっとしたことで、トラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。
なにか面倒なことが起きるかもしれないのは、最大のデメリットでもあります。
テレビドラマにあるような「ボスママ」は、絶対いないとは言い切れませんよ。

では次に、私が実際に感じたメリット&デメリットを紹介します。

【メリット】楽しい&リアルな育児情報が聞ける

ママ友のメリットは、母子ともに「楽しい」ことですね。
相性の問題もありますが、ママ友に「共感や理解」してもらえると嬉しかったりします。
親同士が仲がいいと、子ども同士も遊ぶ機会が増え、自然と仲が深まっていきます。

また、小児科や幼稚園の評判などは、実際に通わせている(通わせていた)お母さんからの情報は貴重です。口コミサイト等である程度はわかる時代ですが、知り合いからの情報は信頼できますよね。

私はよく「ママ&子ども向けのイベント」の情報を、ママ友から教えてもらっていました。
ハロウィンの仮装コンテストや、工作イベント等、ママ友のおかげで参加することができました。

また小学校の情報収集にも、役立ちました。
生徒や先生の雰囲気や、運動会や学習発表会の様子を知れたのは良かったです。

【デメリット】モヤモヤすることもあるし、お金もかかる

幼稚園に入学する前までのママ友とは、モヤモヤすることはありませんでした。
デメリットをあげるなら、遊ぶ回数も多かったのでお金がかかることくらい。
施設の入場料やランチ代、交通費が地味にかかりました。

幼稚園でのママ友とは、うまくいかずモヤモヤすることがありました。
八方美人で噂好きのお母さんに、変な噂を流されて困ったことがあります。
悪気はなさそうで、余計にタチが悪かったなぁ。(もう忘れよう!)

 

ママ向けのサイトを、いくつか運営しています。
一生懸命に更新していますので、よかったらみてくださいね♪

ママ、株の勉強をはじめました 懸賞好きに勧めたいIPO株をメインに紹介!
親子で楽しむ幼児教育 小学校入学前の習い事について、まとめています。
ママ会ナビ 一度は悩むであろうママ友問題のお助けサイト。
なぞきっず 子ども向けのクイズサイト。