出産Diary

2014年1月16日

アイコンママブロネタ「妊娠・出産」からの投稿

2010年の夏、第一子が誕生しました。
当時の日記をもとに、思い出しながら書きます。

【出産の2日前】

朝から、ものすごい腹痛。
『おしるし』らしきものがあった。
間隔はバラバラだけど、陣痛っぽいのがきた。
そして、腰がくだけるように痛い。

【出産の1日前】

39週の検診。
赤ちゃんの体重は、推定2900グラム。

10分間隔にくる痛みがあって、入院かと思いきや
子宮口は1センチしか開いてなくて、帰される。

検診のあとから、ずっと10分間隔に痛い。
ガマンできるし、すぐおさまるけど。
ずーっと続くから、落ち着かない。

家に帰って、とりあえずお風呂。
いつ入院になってもいいように、準備。

【出産当日】

日付がかわった夜中もずっと続く痛み。
眠れない。寝た気がしない。

途中から吐きそうになってきた。
寝不足からくるものかと思い耐える。
でも、ガマンできなくなって朝5時にパパを起こす。
「産まれそう?」とパパに聞かれたけど
初産だもの、わかるはずがないじゃないか!

7時、間隔が6~7分になる。
病院に電話したら、9時近くにきてって。
旦那に会社を休んでもらう。

8時半、病院に到着。
子宮口は、3センチ
痛いと噂の、『グリグリ攻撃』をされる。
たしか、痛くなかった。

LED室(陣痛~出産までこの部屋)に向かう。
グリグリされてから、陣痛の間隔が短くてね。
何回も立ち止って、進みました。

9時15分、ようやくベッドへ。
子宮口5センチ
MINMIの『痛くない出産』を目指す。
でも、具合悪くて…おもいっきりリバース。
その後はスッキリして、なんだか余裕がうまれる。

11時。いきみたい気がする。
よくわからないし、時間的に早いかな~と思う。
でも、助産師さんを呼んでみる。
なんと、子宮口9センチ
「いきみを逃して」と言われても、逃せない。
いまの時代は、ヒッヒッフーではないようだ。

バースプランでは、『横向きの出産』だったけど
いきみ方がよくわからなくて、普通の仰向けに

いきんでも、赤ちゃんの頭がひっかかってでない。
数回がんばるけど、でてこなーい。
しまいに、酸素マスクをつけられる私。
チョキチョキっと切られたら、すぐに頭がでてきてくれました。

お昼の12時50分。
我が家に、かわいい男の子が産まれてきてくれました。

その後、カンガルーケアをしながら縫合される。
超安産だったわたしは、しあわせです。

だけど、なかなか私の出血(オロ)が止まらなくてね。
4時間ほど、LDR室にいました。
すぐ歩けるし、自分的には平気だったんだけどね。

18時くらいに、旦那と共通の友達が2人来てくれました。
わが子の誕生にかけつけてくれて、すごく嬉しかったなぁ♪

あぁ、懐かしい。
あっという間に、3歳だもんなぁ。

いまはワガママがひどくて、毎日が大変…。
だけど、こうやって昔を思い出すとシアワセだなぁ。
ちょくちょく、昔話を書いていこうと思います。

AD

ママ向けのサイトを、いくつか運営しています。
一生懸命に更新していますので、よかったらみてくださいね♪

ママ、株の勉強をはじめました 懸賞好きに勧めたいIPO株をメインに紹介!
親子で楽しむ幼児教育 小学校入学前の習い事について、まとめています。
ママ会ナビ 一度は悩むであろうママ友問題のお助けサイト。
なぞきっず 子ども向けのクイズサイト。