出産の記録

2014年1月19日

アイコンママブロネタ「妊娠・出産」からの投稿


またまた、出産のことを書きます。
魔の3歳児を乗り越えるためにも、振り返ります。

MINMIのポジティブ出産と
後輩が『静かなお産』をした話をきいて
わたしも「叫ばず静かに産みたいなぁ」と思っていました。

陣痛が始まっても、わりと余裕でした。
痛くなったら、ゆっくり呼吸。
「痛い」とは口にださないようにしていたの。
だって、お腹の赤ちゃんだって頑張っているんだもん。

でもね、イキミ感がでてきてからが辛くてね。
もう叫びたくなったんだよね。
それを我慢するのに、パパの手を強く握ってました。
パパ、痛かったと思う。

そしてイキむ時。
さすがに声は我慢できなかった。
なかなかでてこないし、力いれるときに叫んだ。
「いったーーーーーーい!」って。
赤ちゃんも頑張っているから言わないつもりが
ついつい言ってしまったんだよね。

最終的に叫んでしまったけれど、
助産師さんに「静かなお産だったよー」と言われ
自分的に、理想なお産だったかなぁと思います。

あとで助産師さんに聞いたのだけど
バースプランに『静かなお産』って書いてないし
全然叫ばないから、お産に時間かかると思ったって!
夕方だと思ったら、昼に産まれてビックリしたって。
次に出産するときは、バースプランに書いておこう。

そうそう、立会いのパパは頼もしかった!
手を強く握っても怒らないし
リバースの処理を、助産師さんとしてくれるし
そばにいてくれて良かったと思いました。
助産師さんも、うまくリードしてたねって褒めてたし。

あぁ、でも思い出した!
パパが立ち会ってくれることが決まったとき
「叫んでるのみたくない」って言われたんだった。
あまりの痛さに、すごいこと発言しちゃう体験談とか読んだみたいで…。
痛いと叫びたくなるよねぇ。。うんうん。

第二子を授かれたら
次も『静かなお産』を目指したいと思います。

AD

ママ向けのサイトを、いくつか運営しています。
一生懸命に更新していますので、よかったらみてくださいね♪

ママ、株の勉強をはじめました 懸賞好きに勧めたいIPO株をメインに紹介!
親子で楽しむ幼児教育 小学校入学前の習い事について、まとめています。
ママ会ナビ 一度は悩むであろうママ友問題のお助けサイト。
なぞきっず 子ども向けのクイズサイト。