「動物性」プラセンタの選び方

2015年1月10日

プラセンタの種類

今回は、動物性プラセンタの選び方に注目してみました。
どのように動物が育てられたかによって、原料の質が変わってきます。
安全性が高い産地を、リサーチしてみました。

馬プラセンタの選び方

馬から摘出されるプラセンタエキスは、人間の組織成分にわりと近いです。
豚よりもアミノ酸濃度が格段に高く、エイジング効果が高い美容成分です。

馬プラセンタのおすすめは、「国産」もしくは「ニュージーランド」のサラブレット
特に国産サラブレットは、衛生的で安全性の高い高品質だそうです。

豚プラセンタの選び方

ちょっと前まで、1番人気だった豚プラセンタ。
人間との相性がいいようで、様々なプラセンタサプリメント等に使われているようです。

豚プラセンタのおすすめは、国産「SPF豚」もしくは「デンマーク産」の豚。
どちらも、徹底した品質管理の下で生産されています。

羊プラセンタの選び方

羊の胎盤にはプロテインや、数十種類のアミノ酸が含まれています。
他の動物よりも病気に対しての抵抗力が高く、安全性の高い原料といえます。

「医用動物」として育てられた羊の、自然出産の胎盤が原料なので、希少価値が高いです。

「ニュージランド産」は、品質管理が徹底しているので安心です。
また、世界で唯一狂牛病が発生していない国でもあります。

ママ向けのサイトを、いくつか運営しています。
一生懸命に更新していますので、よかったらみてくださいね♪

ママ、株の勉強をはじめました 懸賞好きに勧めたいIPO株をメインに紹介!
親子で楽しむ幼児教育 小学校入学前の習い事について、まとめています。
ママ会ナビ 一度は悩むであろうママ友問題のお助けサイト。
なぞきっず 子ども向けのクイズサイト。